保険を利用する意味

安心する女性

ゴルファー保険とは、ゴルフのプレーしている際に発生するトラブルに対しての保険です。
ゴルファー保険というものが本当に必要などうかは実際にプレーしてみても良く分からないものです。
しかし、仕事の接待などでよく行く場合は、入っておいたほうが安全です。
実際に補償してもらうような事はなかなか起きるわけではありませんが、万一の時に安心だと思うので入っていて損はないと思います。
また、運営でも入っているのが普通なので、万一保険に加入していないのに他のプレイヤーに怪我をさせてしまった場合でも、ゴルフ場の保険で対応できると思います。
支払いを受ける際には運営の証明が必要となっています。
クラブが破損した時でも証明は出ます。

ゴルフ場で損害が出たことを証明する条件にキャディーを付けることとなっていてセルフでプレーする場合は保険の支払いの対象外となっているところがほとんどです。
運営会社が加入しているものはホールインワンの保障は含まれていませんので注意が必要です。
トラブルが起こった状況によりゴルフ場の保障では全額支払に対応出来ない場合がありますので自分で加入するほうが安心できます。
クラブなどの用具の壊れた際は、運営会社の入っているものでまず直せると思います。
あまり古いクラブや道具ですと修理代金の一部を負担することになる可能性があります。
しかし修理金額の一部を負担しなければならないことはまれでありほとんどの場合ありません。